« 紅まどんな | トップページ | 同窓の暖かみ »

インプラント治療に対するマスコミの姿勢

先月はテレビやら新聞やらでインプラント事故の怖い面だけを強調され散々マスコミに振り回された毎日でした。

確かに経験もないのに、ろくに学ばず数回の講習会に出ただけでインプラント治療をしている先生もいると思います。
その中には利益目的だけだったり下歯槽管までの距離など全く無視してやる先生もいるかも知れません。

しかし大多数の先生方はしっかりとした勉学と経験の元、確固たる信念でインプラント治療に取り組まれてます。
そういう先生方の足を引っ張るような報道だけは止めてもらいたいものです。

患者様もせっかくインプラント治療という確立された素晴らしい治療方法があるのに、また義歯に逆戻りしたら結局、不便で不快な思いをするのではないでしょうか?

よく「こんな怖くてリスクのあるインプラント治療など私は絶対に自分の身内にしたくない」等といった意見を耳にします。
私は逆にこんな安全でメリットの多い治療方法なので自分の母親にもやりました。
そして母親は義歯で散々悩んでましたが今はとても調子が良いと会う度に言います。
マスコミも悪い面だけでなく良い面も取り上げてもらいたいものです。

2012021508470000

|

« 紅まどんな | トップページ | 同窓の暖かみ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565999/53988983

この記事へのトラックバック一覧です: インプラント治療に対するマスコミの姿勢:

« 紅まどんな | トップページ | 同窓の暖かみ »