« 京都の紅葉 | トップページ | 今年一年を振り返って »

患者様の気持ち

12月はさすがに師走と言うだけあって仕事も忙しく、そのせいなのか右上の奥が急に痛くなりました。
自分的な診断ではおそらくP急発だと思いましたが咬合痛がひどく、咬み合わせる度に激痛が走りました。
数日で痛みは消退しましたがこのつらさはある意味、勉強になりました。
ご馳走を前にして食べられないつらさ、なるべく左で咬もうとしても右でも咬んでしまうつらさ、
歯の痛みのせいで気分まで滅入るのだとつくづく思いました。
我々歯科医は患者様の痛みが分からないから平気で反対側を使って食べて下さい等と説明していますが
実際、自分が患者様と同じ気持ちになってみて改めて患者様のつらい気持ちが解りました。
そういった意味で痛かったですが貴重な経験をしました。
(歯医者なのにP急発になる自分もダメですが...)

|

« 京都の紅葉 | トップページ | 今年一年を振り返って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565999/50324229

この記事へのトラックバック一覧です: 患者様の気持ち:

« 京都の紅葉 | トップページ | 今年一年を振り返って »